How to Stop

Coming soon…

◆スケートボードの【止まり方】(ブレーキング)

ここではスケートボードの【止まり方】について解説します。

スケートボードにおいて【止まり方】がきれいにできる者はパークを見ていると意外と少ない。

それは「解説しているサイトが少ない」こともあるが、主な原因は重心の位置を間違えてスムーズに減速を行えていないことが理由としてあげられる。

◆スケートボードに片足で乗る練習

スケートボードで止まることをブレーキングというが、

理屈は簡単で、地面とソール(靴の底)との摩擦で止まる。
自転車のブレーキはレバーを引く力加減により、タイヤとブレーキシュー(ゴム)の摩擦で適度に減速をしてくれるが、スケートボードではそれを己の足で止めるため、適度に摩擦をかけていけられるよう練習が必要となる。

まずは後ろ足(蹴り足)のブレーキングによって摩擦を自由に調整できるようになる必要がある。そのためにも片足をあげて重心を板に乗せたまま乗れる練習をする。

写真では止まっているが走りながら片足でバランスをとる練習をしましょう。
簡単なようで意外と難しいので相当な練習が必要となるはず。

また、片足になる時の重心は必ず、下の画像の様に板の上にあることが大事だ。

後ろ足に体重が乗ってしまっているとブレーキングをした際に、地面とソールとの摩擦が大きすぎるために急停止してしまい、減速にはならない。

片足で安定して乗ることができるようになったら
自由になった後ろ足のつま先を地面にこすってみよう。
体重を乗せる必要はなく、ソールを地面に擦るイメージでよい。

ゴムの摩擦を地面に徐々にかけていくだけでもかなりスピードは落ちていく、この練習ではその感覚を身に着けてみてほしい。

慣れてきたらかかとの方から地面に足を降ろしていき、ブレーキングをかける。
この際にどうしても右足に重心が寄ってしまい、うまく減速できない場合がある。

しっかりと板の上に重心を残しながら、ゆっくりと減速をしてみよう。

十分な減速ができた後、最後につま先を着け、止まる。

タイトルとURLをコピーしました