How to Raid

◆スケートボードの【乗り方】(重心)

ここではスケートボードの【乗り方】について解説します。

スケートボードにおいて【進む】【止まる】以前に【乗り方】についてしっかりと理解する事はかなり重要なこと。

それを疎かにスケートをする事は

「おぼつかないまま自転車に乗って階段から飛び降りる」

言い換えればそんな無謀なチャレンジをいきなりやろうとしているようなもの。

トリックが出来る以前に、デッキに乗れる事は何よりも大切。

そのためにも、スケーターがデッキに乗る際に【意識している事】を教える。

私たちスケーターがスケートボードの上で平然と立っていられるのは常に【重心】を意識しているからだ。

当たり前だがスケートボードは板の上に乗って進むスポーツ。

【重心】 は基本中の基本であり、これが理解できているのと出来ていないとできれいに乗りこなせるかどうかに大きな差が出てくる。


◆スケートボードに乗る時の重心の位置

下の図はスケーターが重心を置く【理想のエリア】

基本的にはビスとビスの間が理想であるが、少しノーズ側にゆとりがある。
※これは後程説明する【スタンス】が関係する。

当然曲がるとき、トリックを決めるとき、上記エリア外に重心を置くこともある。

しかし、重要なのはエリア外に重心が外れた場合もすぐに【理想の重心エリア】へ戻すのだ。
もし、戻る体制へ即座に移らなければコケる。

だから、基本的には写真の青い範囲に重心がなければいけない。


◆乗っけてはいけない重心位置

下の図の 【危険な重心エリア】 に重心は乗せてはだめ。

初心者は大概、初めて板に乗ったとき、まくられ(足を取られ)てお尻からすっ転ぶ。

その原因は、体が強ばり、重心が 【理想の重心エリア】 外、特に【危険な重心エリア】にズレてしまうからだ。


◆初心者が意識するべき重心位置の危険度

重心位置の危険度は上記の通り。

青い位置に重心がある限り、人は転ばない。

人が何も意識せず板の上に立っているとき、重心の位置は下記の通りだ。
写真を見てもらえば分かるように、意外と【まっすぐ立っている】だけでも重心はデッキの後ろの方にあるのだ。

さらに板に乗った恐怖感で尻込みをし、かがんだ時、重心はここに来る。

その時、板は跳ね上がり、びっくりしたその人はすっころぶ。

対策としては前足に少し体重を乗せた状態が正常であるように重心を移動しよう。

要は上体を少しかがめ、前傾姿勢で乗る。
その姿勢は猫背という訳では無く、それが正しい【重心】の位置となるのだ。

次の記事


◆スケートボードの【乗り方】(スタンス)

タイトルとURLをコピーしました